長門有希ちゃんのマンションの間取りは・・・

4月13日 本日は、幸せなことに神戸で仕事があり、仕事上がりに喫茶ドリームに寄ってきました。
ドリームにあった「ハルヒの背景と設定画集」を見ながらエスプレッソと角サンドをいただきました。
(食後にアイスとフルーツのデザートをマスターからサービスしてもらったのは、内緒の話・・・ごちそうさまデシタ♪)

背景画集を見るのは今回が初めてで、有希ちゃんがキョンを待つ駅前公園の街灯が
30cm程度の高さしかなく、ベンチの両サイドに1つずつある。とか、ハルヒ坂を登りきったところが
T字路になっていて中学の歩道橋がない!とか、新たな発見がいっぱいありました。

そんな中で、有希ちゃんのマンションの間取りが載っていたので、紹介します。

画像


【間取り図】
画像


各所に2005年10月と書かれていたから、1期の設定で、間取りは2LDK+ロフト。
玄関からの廊下と並行してダイニングや洗面への通路が別にあるなど、通常の間取りとは異なる
不思議な間取りになっています。

アニメを見ていてキョン君が座った後ろの壁の奥にはもう1間あるように思っていましたが、
図面では外になっています。(もう1度、1期を見直さなくては・・・)
ベランダの幅も狭いです。
図面の左下には、甲陽園駅方面と書かれていて、実際にマンションのある位置だと思います。
先に撮ったマンションの写真から見るとベランダというよりテラスですが、天体観測のときに描かれていた
テラスの幅は実在するはずなのですけれど・・・

消失で、帰えろうとするキョン君の正面からお椀を持った有希ちゃんが現れることから、
玄関の廊下とキッチンの入り口が共通に変更されたと推測されます。
また、玄関の廊下は和室の壁に突き当たる配置になっていますが、アニメではリビングに
真直ぐいけるようになっていたような気がしています。
それにしても、ロフト(しかも24畳)が設けられていたとは知りませんでした。

有希ちゃんが寝起きしているのは2階のロフトになります。
[追記]2015年
実際のマンションの角部屋は708号室ではないことが判明しております。
角部屋の間取りも全く異なり架空の間取りであることが確認できました。(残念)

【雑談】
今回の宿泊先は、消失で甲南病院の上空から見下ろした夜景で描かれていた
六甲アイランドにあるホテルプラザ神戸を予約しました。

いままで、山側から海を見渡す夜景を撮ってきたので、今度は逆からの夜景を撮ってみようという魂胆です。
しかし、現実は甘くなかったaaa・・・
このホテルから甲南病院は全く見えないではないですかぁ~
画像

ホテル最上階からですけれど、他のビルに隠れてしまって・・・失敗だったかぁ。

画像

麻耶埠頭・ポートアイランド方面です。

画像

芦屋・西宮浜方面です。

画像

不鮮明ですが、甲陽園方面です。
画像

翌朝に撮り直した甲陽園方面の風景。甲山がよく見えます。

海側から見た甲南病院を撮りたかったので、とても残念です。(下調べは大切なのですね。)

ちなみに宿泊した部屋はシングルで予約したのですが、本日はシングルが一杯になったとのことで、
こんな部屋に案内されました。
画像


ドアを開けるとエントランス部屋があり、その奥が寝室。
ベッドが3つに、ソファーベッド付き。風呂とシャワー室が別にありウォークインクローゼットは4畳。
洗面が2つ。48平米あるなんて・・これで、1泊4900円・・・
ラッキーといえばラッキーなのですが・・・・落ち着いて眠れない・・・

【情報】
来週は、いよいよ みはら☆もみみまつり です。(天候が心配?)
痛車に少しでも興味のある方!三原まで、出かけてみませんか?
http://hiroshima-itasya-kai.jimdo.com/イベント/

この記事へのコメント


この記事へのトラックバック