俺の妹がこんなに可愛いわけがない!4話背景

更新もできていないのに、毎日チェックしてくださっている方や、携帯からも見ていてくださる方々へ。 本当にありがとうございます。このブログを訪れてくださった全ての方に感謝を申し上げます。 今回は東京ビッグサイトへ行くことになりましたので、さまざまな作品が背景としている中から「俺妹」をチョイスしました。好きだから・・・やっぱり、これが1番の理由ですよね。 第4話「俺の妹が夏コミとか行くわけが…

続きを読む

涼宮ハルヒ エンドレス8・市民プール(8月18日)の現状+と、けいおん「旧豊郷小」の全記録(追加版)

Melancoly of HARUHI SUZUMIYA(Back Groud of View)& KEI-ON!'s School Back Ground of View エンドレスエイトの初日!8月18日の14時を目標に市民プールへ向けて、広島から西宮へ愛車で移動。 今回は、プールでの撮影も怪しまれないよう小学生の次女を同伴。時はお盆の後半!Uターンの時期だった。 なんと、宝塚トン…

続きを読む

けいおん「旧豊郷小」訪問の全記録(後半)

Kei-ON!(Back Groud of View) もうすぐ、エンドレス・エイトの時期になるというのに、なかなか夙川にいけません(グスン・・・) 気を取り直して、旧豊郷小学校の訪問記録(後半)をご紹介。 音楽室 バスドラの下には、こんな気遣いがありました。 音楽室を出るとコーワケロっがお出迎え、なのでアリマスっ!。 音楽室正面の踊場(1番は亀…

続きを読む

2011年映画編(商店街追加)と雨のハルヒ坂(6月)

【川上とも子さんの弔報にふれて】 6月9日 声優であられた川上とも子さんが、お亡くなりになられたと知りました。 AIRの観鈴ちん「もう、ゴールしても いよね!」何度観ても涙を流してしまう自分がいます。 思い返せば、この時受けた感動が私を「唯のアニメ好き」から「アニメ大好き!!」にしてくれたのだと実感しています。  あまりにも早い死去はとても残念です。たくさんの ワクワク・ドキドキと感動を…

続きを読む

涼宮ハルヒ 現地舞台(背景)の現状記録 2011年春 フェリー降り場+部長宅その他追加編

Melancoly of HARUHI SUZUMIYA(Back Groud of View) 今回はフェリーの降り場についての現状記録です。(自分の故郷を懐かしむ!なんて書いておきながら節操のない自分が・・・スミマセン。でも、とても記録を楽しんでしまいました。)  コンピ研部長宅の記録の補完と、午後9時の時間にあわせて記録した画像や、その他も追加しています。 記録の途中で、ハル…

続きを読む

涼宮ハルヒ 現地舞台(背景)の現状記録 2011年春 武庫川から市民グランド周辺と追加編

Melancoly of HARUHI SUZUMIYA(Back Groud of View) 5月GW突入で、またも行ってきました。今回は子供の同行がないため強行軍での記録でした。午前1:30広島発で翌午前12:30帰宅。早朝に現地入り出来たので、比較的順調に記録できたと思いますが、暗いシーンも記録したかったので、夜まで滞在することにしました。(体力がぁ・・・保つかなぁ)  以前のペ…

続きを読む

涼宮ハルヒ 現地舞台(背景)の現状記録 2011年春 北高近くのミステリック・ポイント 北口周辺編

Melancoly of HARUHI SUZUMIYA(Back Groud of View) ゴールデンウィーク直前ということもあり、駆け込みで記録画像を残そうと、本日2回目のアップです。(編集中に日付が変更してしまいました。) 北高近くのミステリック・ポイント  アニメ本編には全く関係ありませんが、北高への登校道をさらに登ると写真の岩?があります。道の中央に今も鎮…

続きを読む

涼宮ハルヒ 現地舞台(背景)の現状記録 2011年春 夙川編

Melancoly of HARUHI SUZUMIYA(Back Groud of View) 今回は夙川周辺で、通学路や映画撮影で取り上げなかった画像を記録に残そうと思います。 甲陽園学院前  カメラを構えたところで、守衛さんが道路に丁度出てこられました。守衛さんはカメラを構えた私を見ると笑顔でバックしてくださりフレームOUT。(写真を撮りに来られる方がたくさんいらしゃ…

続きを読む

涼宮ハルヒ 現地舞台(背景)の現状記録 2011年春

Melancoly of HARUHI SUZUMIYA(Back Groud of View) はじめまして、14代生徒会長と申します。 広島県在住ですが、出身は兵庫県甲山山麓です。 京都アニメーションに出会い、涼宮ハルヒという作品に触れ、その背景が自分の記憶に残る風景そのままであることに驚愕しました。 地元を離れて早や24年、一旦は帰省するも阪神淡路大震災で再び離神。 …

続きを読む